2015-05-02_09-20-08.png

安い基礎化粧品、高い基礎化粧品どちらを選べばいーい?



基礎化粧品は高いものはラインで数万円のものから

数百円のものまで、本当に幅が広く販売されておりますね。

「化粧品ってなんでこんなに値段が違うんだろう?」

疑問に感じる人もいると思います。

170960.jpg

では、実際どちらを選べばいいのでしょうか?


【低価格の化粧品のメリット】

買いやすいので継続してつかやすい

◯安いので、手軽に購入できる

◯失敗しても、ま、いいっかと思える

◯皆んなが使っている安心感


【低価格の化粧品のデメリット】

◯「ヒアルロン酸配合」などと記載されていても
びっくりするほど、少ない量の配合だったりする

(プールに1滴なんて話も気いたことがあります)

◯大量に生産するために「合成成分」だったり「界面活性剤」を
使っている場合がある

◯アルコールを含むものがある場合がある

◯内容がほとんど水だったり・・
びっくりするほどの内容が薄い場合がある


【高額化粧品のメリット】

◯高い化粧品には、肌効果がある

→その為に新しい美容剤を開発し、研究して、
モニターを使って肌効果のテストなどしてるから

何年もかけて開発するものもある

◯原料も厳選された高いものを使っている

見た目が綺麗だったり、気分が上がるものが多い


【高額化粧品のデメリット】

宣伝広告費、瓶代などが上乗せされている

◯高いので、継続して使うのが困難

◯高いので、量をケチって逆効果になることも

◯実は、大した内容でなかったりする場合もあるので注意

◯外したとき、ショックが大きい( ; ; )


結論


化粧品は、一概に「高いからいい」「安いから悪い」という

安易な考えはできなさそうです。


ただ、化粧品の原価ってびっくりするほど

安いなんて噂も聞いたことがあります。


化粧品を選ぶときは、

商品の説明を聞いて自分の中でしっくり腑に落ちるか?

本当に自分に合っている商品なのか?


実際手に取ってみて、肌につけてみて

香りを感じて、つけた感触を感じて

5感でその商品を感じて



自分に適したものをご自身で選択するのが

一番ベストだと思います。



店頭で試せるものは店頭で試す。

通販で試せないものは、返品保証制度のあるものを選んで

使ってみる。


など、してみるのが一番ですね。


美容にお金をかける重要性



つまり、化粧品の判断基準を

価格にしてしまうと、本当に自分に合っているか?という

ところからズレてしまう
んですよね。


まずは、

・自分がどんな肌で

・どんな部分を気にしていて

・どんな効果を得られたいか?
という

自分の望んでいる結果を明確にして

期待できそうなものを選ぶのがベストでしょう。


もしかすると、自分がいいなぁ〜と感じたものが

高価なものかもしれませんし

安いものかもしれません。


それでも、自分で期待できそうなものならば

使ってみるといいでしょう。



やはり、「美容にある程度お金をかけている」という

意識を自分に向けると

より一層、美意識という部分で自分を高めることになります。



「わたし、美容に興味ないからあんまりお金かけないんだよね〜」

gorogoro_obasan.png

という人と


「いつまでも、若々しくいたいから、意識はしているよ〜」

free-illustration-biyou-tsurutsuru-irasutoya.jpg

という人、あなたはどちらになりたいですか?


価格というよりは、

自分に合った美容をしたい!という意識の部分が大切なのでは?と

わたしは思います。


コスメを選ぶときは

◯あなた自身が納得して気分良く使えるものか?

◯本当に肌に合わないとき、返品・返金はできるか?

◯継続して使えるかどうか?



あなた自身がその製品に価値を感じられているか?という部分が

一番大事だと思います^^



Check!


開いた毛穴に効果的!コスパ重視!
厳選!【保湿系】毛穴アイテム早見一覧はコチラ